手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 各話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 2話 ネタバレ。中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\

 

今回も小桜クマネコ&チンジャオ娘 ワールド全開!手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 2話のネタバレと感想を紹介します!

父 中村俊樹は、陽葵にお尻を突き出させ、無理やり太ももを手で抑えながら

中村は後先のことを何も考えず、

ただただ欲望のままに女と化した娘 陽葵を犯し続ける。

手塩にかけた娘が俺の子ないと判明したので 2話 ネタバレ♪小桜クマネコのエロ漫画



先程まで陽葵の父親として過ごしてきた男 中村は、

 

後先のことを一切考えず、

 

陽葵の光の当たらない部分を見てみたいという衝動に駆られるまま

 

陽葵を押さえつけ、犯し始めた。

 

 

陽葵を押し倒し、お尻を突き出させ、

 

女の大事な部分をパンティーの上から指でグリグリと刺激する。

 

それから昔、何十年も前におむつを替えたように、

 

陽葵のパンティーを脱がせ、

 

陽葵のアソコが露わになった。

 

 

陽葵のま●こは、陰毛がみっしり生えており、中村に似ず毛深い。

 

「セックスできる歳だもんな、そりゃそうだよな〜」

 

と言いながら、

 

クリ●リスをグリグリと刺激した!!

 

「昔は人形のようにつるつるだったおま●こだったのに、
そのまま大きくなったようなおま●こだな」

 

陽葵は「お父さんやめて!」

 

と抵抗し続けるが、男の力に敵わない。

 

 

泣きながら抵抗する女を見て、更に興奮する中村だった。

 

 

やめて!と陽葵は叫ぶ

 

中村は陽葵のアソコがだいぶグチュグチュに濡れてきているのを感じ、

さらに指を中まで抜き差し!

 

アンアンとカワイイ声を出す陽葵に更に興奮する中村。

 

もう耐えきれなくなった中村は、

 

めちゃくちゃ汁ができているエロすぎるま●こに自分のち●こ入れるというのだ!

 

陽葵を仰向けにし、中村は強引に挿入!!

 

「ねえ、嘘でしょ
私の知っているお父さんはこんなことしないもん」

 

と泣きじゃくる陽葵を全く気にすることなく

 

中村は陽葵の中にち●こを挿れた!!!

 

処女だけあってきつかった。

 

止めて!!痛い痛い!

 

と激しく抵抗する陽葵。

 

「痛い痛い痛い痛い!!」

 

と痛みを堪え苦しそうな顔をして止めてと懇願する陽葵だったが、

 

「ちゃんと子宮の近くまで入るじゃないか」

 

と更に奥まで男根を挿入する男 中村だった・・・・

3話へ続く

\会員登録なしで無料試し読み!/BookLive!コミックはコチラ

手塩にかけた娘が俺の子ないと判明したので 2話 感想



小桜クマネコ氏の描く陽葵の太もも、オッパイが

 

妙にリアルっぽく、非常にエロさを感じます♪

 

股間の根本当たりの描写といますが、筋の入れかたとか

 

色の感じとかが、エロいのですw

 

少し前まで自分のお父さんは娘として自分をかわいがってくれたのに、

 

そんな人が痛くて辛いのに強引にペニスを挿入するシーン、

 

陽葵が痛がれば痛がるほど、めちゃくちゃエロくて非常にやばかったです。

 

女からしたら辛いでしょうが・・・もう男の征服欲を満たしてくれるので

 

良かったですw

小桜クマネコの手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 無料試し読み 方法

手塩にかけた娘の無料試し読み手順を説明します。

 

すべてが無料で全部読めるダウンロードサイト(rar、zip、nyaa等)を調べてみましたが、私が調べた時点ではそのようなサイトは見つけられませんでした。

 

そのようなサイトができたとしても違法サイトですし、ウイルス感染の危険性がありますので、オススメしません。

 

安全に無料試し読みするには下の手順をが安心です♪

手順1

このサイト内にある動く画像、または「無料試し読みボタン」や「BookLive!コミック」のリンクをタッチする↓


手順2

手塩にかけた娘のサイトに飛ぶので、本編はこちらをタッチする

手順3

ブッコミのページになるので、無料試し読みをタッチすると無料試し読みできます!

小桜クマネコとチンジャオ娘の超大人気エロ漫画
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

BookLive!コミックのみで先行独占配信中!

下の画像をタッチして無料試し読みしてね!

会員登録なし無料試し読み↓

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\